WordPressをサイトURL以外にインストールして使うには(+CPIサーバーでの注意点)

WordPressをサイトURL以外にインストールして使うには

WordPressを例えば http://example.comにインストールする際にルートディレクトリに入れてしまうと、WordPressのたくさんのファイルで散らかった状態になってしまいます。
そのため http://example.com/wpのような専用ディレクトリに入れることが推奨されています。
しかし、インストール後のWordPressのURLは「http://example.com/wp」となってしまいます。

今回は専用ディレクトリに入れたWordPressをルートディレクトリで動かす方法を解説します。
このWordPressのURLを「http://example.com」に移動したい場合の方法です。

また、CPIサーバーでURLを変更した場合は、この操作だけではできない場合があるのでそちらも解説します。

1.WordPressを専用ディレクトリにインストールする

まずWordPressをドメインのルートディレクトリではなく、「/wp」など専用のディレクトリにインストールしてください。

2.管理画面でURLを変更

インストール後、管理画面の「一般」→「設定」と進むと「WordPressアドレス(URL)」と「サイトアドレス(URL)」という入力欄があります。

wordpressのURL変更

http://example.comに変更し、「変更を保存」をクリックします。
WordPress のアドレス (URL)は、http://example.com/wpのまま、変更しません。

公開ページをブラウザで見るとサイトが表示されなくなりますが、以降の操作をすれば元に戻ります。
気にせず次に進みましょう。

3.WordPressの.htaccessとindex.phpをコピーする

WordPressのディレクトリにある.htaccessとindex.phpをコピーします。
FTPソフトを使ってダウンロードするといいでしょう。

WordPressのURL変更

 

移動ではなくコピーですので、元のファイルは削除しないでください。

4.ダウンロードしたindex.phpを修正する

ダウンロードしたindex.phpをテキストエディタ等で開き、

となっているところを専用ディレクトリの名前に変更します。

間違えるとサイトが表示されないので、バックアップしながら変更してください。
修正できたら.htaccessとindex.phpをルートディレクトリにアップしましょう。

wordpressのURL変更

5.確認

以上で一通りの作業は完了です。
サイトにアクセスして表示を確認してください。
管理画面は、サイトのアドレスを変更した時点から触っていなければ、そのまま操作できます。念のためログアウトしてから再ログインできるか確認しておくといいでしょう。

6.レンタルサーバー「CPI」でWordPressのサイトURLを変更した場合

CPIのシェアードプランACE01の場合は少し方法が違います。
.htaccessも修正する必要があります。

修正前の.htaccess

修正後の.htaccess

上記の箇所を変更し、アップロードしてください。
サイトがきちんと表示されない場合は、管理画面から「設定」→「パーマリンク設定」と進んで変更を保存してください。
これでも表示されない場合は.htaccessの修正内容が間違っている可能性があります。

ロリポップやエックスサーバーには.htaccessにこのような変更をする必要はないのですが、CPIのシェアードプランACE01では違います。
その他のプランは試していませんので、経験のある方は教えてください。

7.その他 index.phpの優先順位

サーバー側の設定によりますが、index.htmlとindex.phpの両方がルートディレクトリにある場合は、index.htmlの方が優先される設定になっているケースが多いです。
エックスサーバーでは、初期状態のルートディレクトリにはindex.htmlが置かれています。
そのためWordPressのindex.phpを移動させた場合は、index.htmlが優先されてしまいサイトが表示されません。
この場合はindex.htmlを削除してください。
その他のレンタルサーバーでも、初期状態でindex.htmlが置かれていることがありますので、まずはルートディレクトリの内容を確認してください。

今回は以上となります。