ホームページのモバイル対応や表示速度をチェックできる新ツールをGoogleが公開

モバイルの新チェックツールをGoogleが提供

ホームページがスマートフォンやタブレットといったモバイル端末に対応できているかチェックするツール「Mobile Website Speed Testing Tool」をGoogleが公開しました。
以前から「ページ・スピード・インサイト(PageSpeed Insights)」という類似のツールはありましたが、より一般向けに分かりやすい見た目で提供されている新ツールです。

現代のホームページ運営において、スマートフォンへの対応とページの表示速度の高速化は重要です。スマートフォンでホームページを見ている人の割合は、多いところでは8割以上になるケースもあります。
その際にPCにしか対応していないホームページでは、拡大しなければよく見えないため、すぐに他のサイトに離脱されてしまいます。

また、ホームページが表示されるまで3秒以上時間がかかると40%が離脱すると言われています。
3秒待たされると10人中4人が離脱すると考えると大きな数字です。
現代は光回線やWi-Fiの普及により「早くて当たり前」となっています。
外出時などWi-Fi接続できない環境でホームページにアクセスした場合、一層ストレスを感じるでしょう。

つまり表示速度の遅さやモバイル端末への対応ができていないホームページでは、売上にも影響する可能性があるということです。

一度、自社サイトをGoogleの「Mobile Website Speed Testing Tool」でチェックしてみましょう。
https://testmysite.thinkwithgoogle.com/

モバイル対応状況の確認方法

使い方はサイトにアクセスして、自社のURLを入力するだけです。

モバイルの表示速度をチェックするGoogleの新ツール

このブログを入力するとこのような結果でした。

モバイルの表示速度チェック結果

結果は「良い(GOOD)」が緑、「普通(FAIR)」が黄色、「劣る(POOR)」が赤で表示され、直感的に分かりやすくなっています。
モバイル対応は100点満点、モバイルの表示速度は62点、PCでの表示速度は84点となっており、モバイルの表示速度に課題があると言えます。

改善点は項目ごとに詳細を見ることができ、改善点をチェックすることができます。

モバイルの表示速度の詳細を確認

クリックすると詳細が表示されます。

モバイルの表示速度レポート

「Mobile Website Speed Testing Tool」はまだ英語版だけですが、これまでの類似ツールは日本語化されていたので、こちらも日本語化される可能性はあるでしょう。
すぐに日本語でチェックしたい方は、日本語化されている「ページ・スピード・インサイト(PageSpeed Insights)」を見てください。