WordPressとFacebook、Twitter、Google+を自動連携させる方法+予約投稿の方法

WordPressとFacebook、Twitter、Google+を自動連携 させる方法+予約投稿の方法

WordPressでサイトを運営している場合、検索エンジンからのアクセスが増えるまでは時間がかかります。SEOを意識した記事の書き方もすぐにできるものではありません。

ですが、ソーシャルメディアを使えば、すぐにアクセスアップを実現することができます。

今回の記事では、

  • WordPressとFacebook、Twitter、Google+を自動連携させる方法
  • 指定した時間にソーシャルメディアへ予約投稿させる方法

を解説します。

WordPressとFacebook、Twitter、Google+を自動連携させる方法

この方法には「Jetpack」というWordPress公式プラグインを使います。
他にも方法はいろいろありますが、「Jetpack」を使った方法が初心者にも分かりやすく、お伝えします。

Jetpackを公式サイトからダウンロードする

Jetpack の使い方

まずはプラグインをインストールしてください。
管理画面から「Jetpack」を検索してインストールします。

jetpackをインストールします

最近のバージョンのWordPressでは、サイドバーの「プラグイン」→「新規追加」をクリックすると、新規追加の画面に最初から表示されています。

jetpackが出てこない場合は検索しましょう

表示されない場合は、右上の「プラグインを検索」から探しましょう。
「jetpack」と検索すれば出てきます。

jetpackをインストールしたら有効化しましょう

プラグインを有効化してください。

jetpackとWordPress.comの連携

「WordPress.comと連携」をクリックします。

jetpackとWordPressの連携

他の画面に移動してしまった場合は、サイドバーの「jetpack」をクリックすれば「jetpackと連携」という表示が出てくるのでクリックしてください。表記は違いますが、先程の「WordPress.comと連携」と同じです。

 

WordPress.com用のアカウントを作成

すでにアカウントをお持ちの場合は、WordPress.comユーザー名とパスワードを入力してログインしてください。アカウントがない場合は、「アカウントが必要ですか?」をクリックしてアカウント作成画面に移動します。

WordPress.comのアカウントを作成

「メールアドレス」「ユーザー名」「パスワード」を入力します。

入力したらボタンをクリック

入力したら「Sign Up and Connect Jetpack」をクリックします。

プランは無料プランを選択

プランが3種類ありますが、左のフリープランを選択してください。

Jetpackとソーシャルメディアの共有設定

WordPress管理画面に戻ります。上に表示されている「設定」をクリックします。

jetpackを設定

Jetpackで利用できる設定一覧が表示されるので下にスクロールしてください。

共有の設定を探す

下の方に「共有」という項目があるので、カーソルをあわせると「設定」という表示が出てくるのでクリックしてください。

例としてFacebookを選択します

ソーシャルメディアの共有設定画面になります。例として、ここではFacebookの「連携」をクリックします。

jetpackとFacebookの連携

Facebookにログイン中の場合は上記のような画像が表示されるので「OK」をクリックしてください。

jetpackとの連携が完了

WordPress管理画面に戻ります。自分のFacebookアカウントまたはFacebookページが表示されるので、連携させたいものを選択してください。

OKを押してjetpackとFacebookの連携を完了させます

下にスクロールすると「OK」ボタンがあるのでクリックします。これでFacebookの設定は完了しています。

jetpackとソーシャルメディアの連携が完了しました

Twitter、Google+も連携させると上記のような表示になります。他にもソーシャルメディアを連携させたい場合は同様の操作を繰り返してください。

投稿画面から投稿内容を設定します

「投稿」→「新規追加」からテストを行う

新規投稿画面からソーシャルメディアへ投稿することができます。画面右上の公開設定のところに「パブリサイズ共有」という表示が追加されています。

パブリサイズ共有を設定して、公開ボタンでソーシャルメディアへ自動投稿されます

「編集」をクリックすると、新規投稿を行った際に自動連携させたいソーシャルメディアを選択することができます。

投稿の際のメッセージをカスタマイズさせることも可能です。Twitterの場合は140字制限にかからないように注意してください。

「公開」ボタンをクリックするとソーシャルメディアへ投稿されます。

 

Jetpackを使った自動連携の解説は以上です。
ソーシャルメディアを使ってWordPressサイトへのアクセスを増やしたい場合は、かなりの手間を省略することができます。
ぜひ設定しておきましょう。

次に時間を指定して、予約した内容をソーシャルメディアに投稿する方法を解説します。

指定した時間にFacebook、Twitter、Google+へ予約投稿させる方法

Jetpackを使った方法は基本的に新着記事を投稿するために使います。
過去の記事を指定した時間にソーシャルメディアへ投稿するには、「Hootsuite」というWebサービスを使用します。

Hootsuiteは無料で3つまでのソーシャルメディアアカウントを連携させることができます。
それ以上のソーシャルメディアを連携させるためには有料のビジネスアカウントを利用してください。

Hootsuiteを利用するには

まずは「Hootsuite」にアクセスしましょう。

hootsuiteにログイン

お持ちのソーシャルメディアからのログイン、または右上の「新規登録」からアカウントを作成することもできます。

ここからはTwitterを利用した場合の方法について解説します。「Twitterでサインイン」をクリックします。

hootsuiteとTwitterを連携

Twitterにログイン中の場合は上記のような表示になります。「連携アプリを認証」をクリックしてください。

Twitterを連携する

Hootsuiteに戻ります。その他のソーシャルメディアの登録を行う画面になりますが、あとで行うとして「Continue」をクリックします。

Hootsuiteを連携

「Done adding social networks」をクリックしてHootsuiteにログインします。

Hootsuite管理画面の使い方

Hootsuiteにストリームを追加

Hootsuiteの管理画面が表示されます。「ストリームの追加」というところから、Twitterのタイムラインやリツイートなどを選択して表示させることができます。

Hootsuiteの管理画面

「ホーム」「メンション」「フォロワー」「送信予定」の4つのストリームを表示させてみました。このように必要なストリームを追加してください。

HootsuiteからTwitterに予約投稿する

管理画面の上部から投稿を行うことができます。投稿文、サイトのURLを入力しましょう。「リンクを追加」欄にURLを入力すると短縮URLにすることができます。すぐに投稿する場合は「送信」ボタンをクリックしましょう。

Hootsuiteで予約した時間に投稿する

予約投稿を行う場合は、カレンダーのアイコンをクリックすると投稿時間を選択できます。

Hoosuiteから予約投稿する

投稿日、時間を選択して「スケジュール」をクリックすると予約は完了です。

Hootsuiteの送信予定画面

予約した内容を確認するには、左側の紙飛行機のようなアイコンをクリック→「送信予定」とクリックするとこれから送信予定の投稿一覧が表示されます。

Hootsuiteの解説は以上です。過去の記事の紹介やアクセスを集めたい記事を中心にスケジュールを組むとアクセスアップにつながります。

JetpackとHootsuiteを利用してソーシャルメディアからサイトへのアクセスを増やしてみてください。

あなたのWEB集客力をアップさせるメールマガジン

独立起業したばかり、副業(起業準備中)のコーチ、コンサルタント、士業、セラピストといった方がWEBで集客できるようになるメールマガジンを無料配信しています。

●ホームページやブログ、ソーシャルメディアで集客できるようになりたい
●顧客に頭を下げなくても売上が上がる仕組みを作りたい
●客単価を上げて「高額商品」を販売したい
●売上が2倍、3倍になるビジネスモデルの設計方法を知りたい

このような方はぜひメールマガジンを読んでください。
完全無料のプレゼントも用意しています。

ご登録は以下よりどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA