徹底解説!Web集客方法ごとのメリット・デメリット

徹底解説!Web集客方法ごとのメリット・デメリット

Web集客の基本は、ウェブサイトを作ってそこにアクセスを集め、商品やサービスを販売する、というものです。
SNSだけで集客する場合にも販売用のページは必要ですよね。

商品をアクセスした人の何%が購入してくれるかどうかは、販売ページの質や見込み客との関係性にも左右されますが、アクセスを集めなければ売れることはありません。

スマートフォンやタブレットの普及により、私たちはいつでもどこでもインターネットにつながっている状況になっています。
Web集客には一日でも早く取り組んだほうがいいでしょう。

アクセスには大きく分けて3つの種類があり、この3種類のアクセスを集めるための有料・無料の方法があります。

今回は有料・無料の方法の中でも、代表的なもののメリット・デメリットについて解説します。

1.アクセスの種類は大きく分けて3種類

まず、Web集客にはいろんな方法がありますが、アクセスの種類は大きく分けると「3種類」だけです。

アクセスの3つの種類
検索 Yahoo!やGoogleといった検索エンジンからのアクセス。検索キーワードによってアクセスした人のニーズは異なる。最も顧客となる見込み度の高いアクセス。
外部のサイト 検索エンジン以外のブログやニュースサイト、ソーシャルメディアなど外部のサイトを経由したアクセス。
直接訪問 ブラウザの「お気に入り」に入れていて何度も訪れる人やアドレスを直接入力してサイトに訪れる。名刺交換やチラシでアドレスを知った場合もこのパターン。

これら3つのアクセスの種類の中からいずれか、または複数の方法を選択して集客を実施していくことになります。
一つの方法では十分な数のアクセスが集まらないなら、他の方法も組み合わせて行いましょう。

次に有料・無料の方法を選びアクセスを集めていきます。

2.有料のWeb集客の種類

2-1.リスティング広告

これはあなたも聞いたことがあるかもしれません。
リスティング広告はインターネットの広告でもっともメジャーなものです。
他にもPPC(ピーピーシー)広告とも呼ばれていたりします。

リスティング広告はいろんな種類があり、検索した時に表示されるものやニュースサイトやブログに関連した広告が表示されるものなど、どんな訴求をするのか様々な方法を選ぶことができます。

一番の特徴は、ユーザーにクリックされた時点ではじめてお金がかかる、ということです。
新聞広告のように「紙面の一部を買う」のではなく、表示されただけではお金はかかりません(YouTubeの動画広告のように表示回数でお金がかかるものもあります)。

つまり、ユーザーが興味を持ってクリックをしてくれるまでは無料であり、クリックされてはじめて課金されるので、お金を払った分は必ずサイトを見てもらえる、ということです。

どんな属性の人に見てもらうか、何時に広告を表示させるか、どの地域に住む人か、といった細かな設定が可能ですので、関心の高い人に広告を見てもらう事ができます。

なお、自分で広告を出すことができますが、最大手のリスティング広告である

・Yahoo!プロモーション広告
・Googleアドワーズ

は管理が難しく、初めての人には費用対効果の良い広告配信ができないでしょう。

そのためリスティング広告の運用代行を行う広告代理店に依頼することが多いです。
この2社の広告管理を代行する広告代理店は多数存在しますが、広告手数料(通常広告費の20%程度)を設定していることが一般的です。
手数料をとられるのか!?と思うかもしれませんが、広告手数料の20%を支払っても信頼できる代理店を探したほうがいいでしょう。きちんと仕事をしてくれる代理店は、それ以上の費用対効果が向上するからです。

ただし、広告手数料には最低金額があるところがほとんどなので、
月10万円以上広告費を利用しない場合は、自分で広告を出稿したほうがいいでしょう。

なお、FacebookやInstagramといったSNSも広告を出すことができますが、こちらは広告管理がそれほど難しくなく、初心者の方が自分で出す場合でもおすすめです。
新しい物は早い者勝ちですね。

リスティング広告のメリット・デメリット

 メリット ・審査に通過すれば1日程度で広告をすぐに出すことができる
・広告予算、期間、内容などの変更をこちらで自由に決めることができる
・クリックされた数だけ広告費がかかるので、広告の打ち損じがない
・広告を表示させる人の属性をある程度絞り込めるので、反応率が高い
・一度見た人を一週間追跡する、特定のサイトにだけ広告を表示させる、といったことも可能
・SNS関係の広告はライバルが少ない
 デメリット ・媒体によっては広告費が高騰している
・ライバルが多い媒体はクリエイティブで差をつける必要がある
・ノウハウを身に付けないと高い費用対効果が出にくい

2-2.メールマガジン広告

メールマガジン広告(以下メルマガ広告)は、他人が発行しているメルマガに有料で広告を出すという方法です。
一行で紹介されてリンクを掲載されるものから、号外として1回のメルマガ配信をそのまま使わせてもらえるものもあります。

SNSの普及によりメルマガの有効性は疑問視されるような傾向がありますが、メールは今もビジネスのメインツールです。メルマガも急速に廃れるようなことはありません。

メルマガ広告は読者の属性とマッチすれば高い効果が出せるでしょう。
多くの広告主がリスティング広告など他の媒体に目が向いているため、中には穴場のような高い反応率を持つメルマガ媒体が見つかることがあります。
根気よく探すしかありませんが、時間をかけて見つけるだけの価値はあるでしょう。

メルマガの広告費は、メルマガ発行者の一存で決まるため価格は決まっていませんが、そのメールマガジンの発行部数や、読者の傾向をよく分析して掲載を決めましょう。
また、先払いでお金を払う必要があり、発行部数や読まれている数も発行者の自己申告であることも多いので、その点は注意する必要があります。

メルマガ広告のメリット・デメリット

 メリット ・メルマガと読者の属性がマッチすれば高い反応率が期待できる
・広告を出すライバルが少ない
 デメリット ・広告費は基本的に先払い
・発行部数と反応率は必ずしも比例しない

2-3.アフィリエイト広告

ブログやサイト運営者、アプリ開発者(※)などと提携している広告代理店と契約し、商品やサービスを紹介してもらうという成果報酬型の広告媒体です。
 ※こうした人達を「アフィリエイター」と呼びます。
例えば第三者のブログで商品が紹介され、問い合わせや購入につながったときに広告費を支払います。
成果報酬型のため赤字になるリスクは最も低いでしょう。

しかし、ノルマのない販売代理店のようなもののため、売上がどれだけ伸びるかはやってみないと分かりません。
例えば資料請求から追いかけていくような仕組みが必要でしょう。
また、完全成果報酬型というわけではなく、月額固定の管理料がかかります。

アフィリエイト広告のメリット・デメリット

 メリット ・成功報酬型のためリスクが小さい
・優秀なアフィリエイターに紹介してもらえると非常に売れる
・商品を営業しなくてもアフィリエイターが売ってくれる
 デメリット ・販売ノルマがないためどこまで売れるか未知数
・誇大表現や自社に装ったサイトを作られるなど、意図していない紹介の仕方をされることがある

3.無料のWeb集客の種類

ここからは無料のWeb集客方法を解説します。

3-1.メルマガ

上に有料のメルマガ広告を紹介しましたが、自分でメルマガを発行することももちろん可能です。
大きな媒体に育てば広告を募集することも可能でしょう。

メルマガを始めるにあたってコストは一切かかりませんが、読者を増やす仕組みを徹底して考える必要があります。
読者10人でメルマガを発行していても、アクセスの増加につながる可能性はとても低いです。
ただし、読者100人でも商品を購入してくれる「ファン」をたくさん集めれば、メルマガだけで大きな売上を上げることが可能です。
ファンがたくさん集まっているメルマガなら、新商品の販売や新規ビジネスの立ち上げに役立つのでやって損はありません。

また、「ステップメール」という自動で定期的にメールを送る仕組みを導入すれば、販売~アフターフォローまで自動化することができます。
見込み客の育成→販売など様々な活用方法があるので、Webマーケティングには欠かせないツールです。

メルマガのメリット・デメリット

 メリット ・無料で始められる
・自分で好きなようにコントロールできる媒体である
・媒体主として広告を募集することもできる
・読者とのコミュニケーションがとれ、教育できる
・商品やサービスを直接販売できる
 デメリット ・メールアドレスを集めるまで時間がかかる
・コピーライティングのスキルがなければアクセスの増加につなげにくい

3-2.ブログ

ブログで集客するのは、SEO対策(検索エンジンからの集客)が中心になります。
検索エンジンは情報の質の高いサイトを検索上位に表示させる仕組みになっているため、ブログの記事をキーワードを意識しながらたくさん書いていくことで、ブログ自体の評価が上がります。
仮に全国では上位表示は難しい状況であっても、地域名のキーワードでは十分に上位表示を狙えます。

例えば「地域名+整体院のブログ」「地域名+美容室のブログ」などで、お客様の悩みを解決するような記事を書くといいでしょう。
日記ばかり書くブログでは集客力が弱くなります。
プロならではの信頼性のある情報発信を続けていけば、地域のライバルに大きく差をつけることができます。

ブログは基本的に無料です。どれだけ集客力があるかは、ブログの記事自体の面白さ・役立ち度などによって大きく変わりますが、利用するブログサービスによってもアクセス数が異なります。始める前にどのブログサービスを使うかよく検討しましょう。
注意点としては無料で使えるサービスは、運営者の方針に従わないといけないことです。急に閉鎖されることもありますので、一番いい方法は独自ドメインを取ってWordPressでブログを作ることです。レンタルサーバーやドメインの維持費用はかかるので、こちらもブログをはじめる前によく検討してください。

ブログのメリット・デメリット

 メリット ・無料で始められる
・見込み客に価値の提供や教育ができる
・検索キーワードを意識して記事を書くことで、検索エンジンからの安定したアクセスが獲得できる
・情報を蓄積することで、他にはない大きな資産になる
 デメリット ・記事の数が増えるまで時間がかかる
・同じジャンル・キーワードに強い競合がいると検索での上位表示が難しい

3-3.SNSへの投稿

TwitterやFacebook、Instagram、LINEなどソーシャルメディアに投稿し、ファンを増やしていくというものです。つながりが増えれば増えるほど拡散できる力が大きくなり、SNSで人気者になれば一瞬で数万人以上に情報を届けることができます。

その状態で商品やサービスを案内すれば、一気にアクセスを集めることができ、売上を上げることもできるでしょう。いきなり販売することが難しい商品の場合は、PDFや動画をプレゼントしてメールアドレスを集め、メルマガで商品を案内する、という方法も人気です。

SNSはコミュニケーションのツールのため、宣伝ばかりをするのではなく、ツーステップの方法でアクセスを流すことを意識するといいでしょう。

 メリット ・ファンを増やすことで大きな影響力を持つことができる
・見込み客、既存客どちらともコミュニケーションができる
 デメリット ・使用するSNSの特徴をよく理解して使わないと炎上する可能性がある
・ブログのように投稿が蓄積されるわけではないので、コミュニケーションを積極的に取る必要がある

まとめ

有料と無料のWeb集客方法について解説しました。

無料のWeb集客は多くの人が最初に取り組もうとすることでありますが、同時に挫折しやすい方法です。メルマガにしてもブログ、SNSにしてもコツコツと継続していかなければ結果は出ません。メルマガなら読者数、ブログなら記事数、SNSならフォロワーの数などが必要です。半年~1年ぐらいの見通しで取り組まなければいけません。

一人でやるとなかなか結果が出なくて迷うことも多いと思いますが、頑張って継続すれば大きな資産になります。ライバルに差をつけることができ、安定して集客をできるようになるので、無料の方法を使うと決めたなら、ぜひ継続して取り組んでみてください。

ただし、結果が出るまで時間がかかるので、少しでも結果を早く出したい人は有料の方法を使うことをおすすめします。
一番結果に直結するのはリスティング広告でしょう。
SNS関係のリスティング広告なら、使っているライバルがまだ少ないので費用対効果は悪くありません。また、優秀な広告代理店に依頼すればプロの知見を得ることができます。

有料でアクセスを集めるメリットは、早く、安定的に、コントロールしながらアクセスを集められるからです。

「インターネットは無料で使えるから」
「自分には予算が出せないから」
と言って、無料でやることばかりを優先してはいけません。

無料で使えるインターネットだからこそ、有料の集客方法を使うことによって差が生まれるのです。
アクセスにお金をかけることは、時間を買えることになります。
アクセスが集まれば、効果検証もすぐにでき、次の施策を実施することができます。
ネットの世界は次々に新しいサービスがでてきて、変化の激しい業界です。
ビジネスはスピード勝負です。後から始めたから成功できないというわけではありませんが、少しでも早く結果を出したい場合は、広告を出してアクセスを買うことをおすすめします。

あなたのWEB集客力をアップさせるメールマガジン

独立起業したばかり、副業(起業準備中)のコーチ、コンサルタント、士業、セラピストといった方がWEBで集客できるようになるメールマガジンを無料配信しています。

●ホームページやブログ、ソーシャルメディアで集客できるようになりたい
●顧客に頭を下げなくても売上が上がる仕組みを作りたい
●客単価を上げて「高額商品」を販売したい
●売上が2倍、3倍になるビジネスモデルの設計方法を知りたい

このような方はぜひメールマガジンを読んでください。
完全無料のプレゼントも用意しています。

ご登録は以下よりどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA