『自分の強み』に集中して、欲しい結果を手に入れよう

結果を出すためには何が必要なのか

池田です。起業した後、なかなか仕事がうまくいかないときというのは必ずありますよね。
頑張って仕事をしているのに売上が上がらない、明日の生活も不透明な状況というのは私もありました。

自分以外にもいろんな経営者・起業家を見てきましたが、成功するためのポイントは大きく分けて次の3つではないかと思います。

1.ニーズのある分野で事業をしているか?

1番重要なのは、市場(マーケット)が存在するか?ということです。

ビジネスは人の悩み・困っていることを解決することが基本です。娯楽を提供するビジネスだって笑いや刺激がほしいと思う人の悩みを解決しています。

しかし、その商品を買いたいと思う人が集まっている場所でビジネスをしなければ、事業を成り立たせることができなくなります。

例えば東京と地方では人口も情報のスピードにも大きな違いがあります。東京では成り立つビジネスでも地方ではまったく成り立たない、というケースはいくらでもあります。
地方で大きな業績を上げている企業が、東京からの受託の仕事で成り立っているということは珍しくありません。このような企業が、地元を相手に営業をかけてしまうとすぐに業績は悪化してしまいます。東京を相手に営業をかけ、仕事を獲得しているからこそ事業を継続できるのです。

また、すでにニーズのなくなった商品を扱っていても売ることはできません。例えば音楽をダウンロードしてスマートフォンや携帯型オーディオで聞くことはすっかり定着しましたが、今からカセットテープを売ろうとしても売れません。好きな人はいるかもしれませんが、買い手の数が少なく、接点を見つけることが難しいからです。見つけられたとしても事業を成り立たせるだけの規模になるか分かりません。

事業をするには、まずマーケットを調査しましょう。

ネットから集客するなら、キーワードの調査をしてニーズの有無を確認することは必須です。ソーシャルメディアで多くの人と接点を作ることも有効でしょう。

対面で売っていくなら、お金を出してでも問題を解決してほしい、商品をほしいという人を探し、接点を持てるようにしましょう。

2.世の中のニーズと自分の強みをかけあわせているか?

世の中にはいろんなニーズが存在しており、それがマーケットを作っています。しかし、マーケットに対して事業を行っているのになぜかうまくいかない、という場合があります。
このような場合はあなたの強みが活かせていないかもしれません。

書籍「さあ、才能に目覚めよう あなたの5つの強みを見出し、活かす」(マーカス・バッキンガム&ドナルド・O・クリフトン)に次の言葉があります。

人はそれぞれ、生まれつき「自分の能力を最大限に活かせる”強み”」が決まっている。
その「強み」を知り、そこだけに注力することが成功へ近づくための最速の道である。

人にはそれぞれ向き不向きというものがあります。超一流として知られるスポーツ選手でも、不向きな分野に進んでいたら凡人として終わっていた可能性があります。
もし、イチロー選手が野球でなく、学者になっていたら成功したでしょうか。イチロー選手なら学者でも成功したかもしれませんが、可能性は低くなりますよね。
あなたが頑張っている分野で成功できないのは、強みをうまく活かせていないのかもしれません。

また、まったく同じ分野でもっと強みを持ったライバルがいる可能性もあります。同じ分野により強みを持ったライバルがいれば、あなたの強みは打ち消されてしまいます。
この場合は少し視点を変えるとか、ライバルを圧倒的に引き離すだけの行動をする必要があります。
まったくの素人であっても成功する人というのは、ほぼ例外なく行動しています。大量の行動をすれば失敗も成功もどちらも経験するため、それだけ成功に近づきます。

あなたは自分の強みを理解しているでしょうか?そして、それが十分に発揮できるだけのたくさんの行動をしていますか?

3.自分の強みの先にある未来を提示しよう

USPとはユニーク・セリング・プロポジションのこと

マーケットはある、自分の強みは十分に理解している、となったとしても、それが顧客に伝わらなければ結果は出ません。

顧客にあなたの価値を伝えるセールスライティングやキャッチコピーが必要です。

マーケティングではUSP(ユニーク・セリング・プロポジション)が重要だ、と言われることが良くあります。簡単にいえば「あなただけが持つ強みを表すフレーズ」といったところでしょうか。

 あなたの商品を利用したらどうなるのか?
 お客様にとってどんな良いことがあるのか?
 どんな悩みを持つ人に役立つのか?

といったあなたの商品・サービスを通じて得られる「未来」を伝えるようなUSPを作りましょう。

商売は、こちらが売ろう売ろうとしても顧客は離れていきます。

商品・サービスの先にある価値が伝わるようにしっかりと伝えていきましょう。

まとめ

この3つのポイントが抑えられていないとなかなか結果は出ないでしょう。あなたが起業してもうまくいかないと感じているなら、一度時間をとって見直してみてください。

どれかひとつ、あるいは複数のポイントが欠けているかもしれません。
そしてある程度成功したとしても、事業を取り巻く環境は常に変わります。商品の寿命やマーケットのニーズが変わる時が来ます。強みも定期的に見直す必要があるということです。

私もまだまだです。何度も見直ししてがんばりたいと思います。

あなたのWEB集客力をアップさせるメールマガジン

独立起業したばかり、副業(起業準備中)のコーチ、コンサルタント、士業、セラピストといった方がWEBで集客できるようになるメールマガジンを無料配信しています。

●ホームページやブログ、ソーシャルメディアで集客できるようになりたい
●顧客に頭を下げなくても売上が上がる仕組みを作りたい
●客単価を上げて「高額商品」を販売したい
●売上が2倍、3倍になるビジネスモデルの設計方法を知りたい

このような方はぜひメールマガジンを読んでください。
完全無料のプレゼントも用意しています。

ご登録は以下よりどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA