セールスライティングを書くなら押さえるべし!知っておきたい3つの文章パターン

セールスライティングを書くなら押さえるべし!知っておきたい3つの文章パターン
SNSやネット上で商品のセールスや読んでもらうための記事を書くのであれば、読まれやすいパターンや型を知っておくことが重要です。
オリジナリティはもちろん必要ですが、好き勝手に文章を書いても読まれないというのが現実です。
まずは、基本的な文章パターンを身に付けてオリジナリティを出せるようにしていきましょう!

1・結論を先に出してしまう結論ありき型文章

情報が多いネット上で多く見かける文章パターンの1つに、結論を先に書いてしまうパターンがあります。書いてある文章を読むことで「何を得られることができるのか」を明確に打ち出すことで、文章を最後まで読んでもらう可能性をグッと引き上げます。

「何をする」という結論は情報として1番重要です

日本語は「私は店に買い物に行く」というような文章の作りになっています。
この作りだと「人が何をするのか」というのが後に来ており、すぐに理解できません。

これに対して英語は「I go to shopping」という形で、「人が行く」というのはとりあえず先にわかります。
人から言われることとしては、まずはこの「動詞」の部分が先にわかるほうが、情報の優先順位としては重要になってきます。

ネットの文章も同じで、基本的には結論ありきです。まずは結論を出しておき、次にその理由を述べた後に具体例を出すという流れが一般的です。そして、最後にまとめや結論を再確認するのがいいでしょう。

結論を先に出す場合の注意点

結論を先に出す文章において気を付けるべきなのは、その結論が読んでいく中で必ず「解決」することです。結論で人を惹きつけておいて、その結論に関する解決や納得できる理由がないと読者は記事に対して不信感を抱きます。

結論を先に出せば人からの注目度は上がりますが、読ませる中できちんと納得してもらうことが重要です。結論ありきで書くときは、必ず具体例や理由を用意しておきましょう。

いくつか例をご紹介します。

2・負の要素が解決される過程を描く経験型文章

文章の始めに自分が悩んでいたことを書いておき、ある経験や商品によってその悩みが解決する過程を描く経験型文章のパターンです。
同じ悩みや経験を持つ人に対して、非常に「ささる」文章です。

経験が解決する過程を描く

たとえば、ある歯磨き粉を紹介したいと思います。その歯磨き粉には「口臭を抑えることができる」効果があることにします。
では、この商品を経験型文章にて売りたいのであれば「実際に使ってみて口臭が消えた」という悩みを解決できたような流れにする必要があります。

まずは「口臭がひどくて人前でしゃべれない」といった入口から入り、そのあと「この歯磨き粉で口臭が消えました」という流れにしていきます。その後に、どうしてその歯磨き粉で口臭が消えるのかを説明すればOKです。

具体性を持たせられるかどうか

こちらの文章パターンであれば、人からの共感を得やすい文章にしやすいです。しかし、商品の特徴と体験談とがしっかり組み合っていないと違和感のある文章となるので注意が必要となります。

また、商品の特徴もしっかり説明しないと説得性が低くなってしまいます。受け売りではなく、きちんと情報法収集を行ってから書くようにしましょう。

3・参考例をたくさん並べる列挙型文章

ネット上でよく見かけるまとめ記事のような形で、参考例をとにかく集めて情報の紹介をする列挙型文章というものがあります。

「おすすめの◯◯100選」などの形で紹介しやすい

家電などで「おすすめの掃除機」などがあったとします。この掃除が何種類かあるときは、それを列挙して一度に紹介するのがいいでしょう。その掃除機を説明するときは、それぞれの掃除機の何が特徴的で、値段や機能性、大きさなどを徹底的に比較するようにします。

一度に同じ掃除機を紹介するメリットは、それぞれの特徴を並べて比較しながら紹介できる点です。各特徴を出すことで、それぞれの掃除機にあったユーザーに向かって1つの記事で紹介することができます。
しっかりと比較して良い商品を購入したいと考えている人に支持される文章の書き方です。

対象を明確にしないとあたりさわりのない記事になる

一度にたくさんの「掃除機」などを紹介するには便利な列挙型の文章ですが、より明確に対象を厳選しないと読んでも印象に残らず、人から見られない記事となる可能性があります。

たとえば、掃除機1つとっても「どのような掃除機を紹介しているのか」というのを明確に打ち出さないとただの列挙記事となってしまいます。「吸引力が違う」や「掃除機の調子が壊れているあなたへ」などの、タイトルによる絞り込みを併用した上で使いたいのが列挙型の記事の特徴と言えます。

まとめ

今回はセールスライティングにおける知っておきたい文章パターンについてご紹介しました。
文章のパターンを知っておけば、紹介したい商材ごとに使い分けができるので非常に便利です。ですが、これらはあくまでも例です。これらの文章を使っていく中で、自分の中に落とし込んでオリジナリティある文章が書けるようにしていきましょう。

 

あなたのWEB集客力をアップさせるメールマガジン

独立起業したばかり、副業(起業準備中)のコーチ、コンサルタント、士業、セラピストといった方がWEBで集客できるようになるメールマガジンを無料配信しています。

●ホームページやブログ、ソーシャルメディアで集客できるようになりたい
●顧客に頭を下げなくても売上が上がる仕組みを作りたい
●客単価を上げて「高額商品」を販売したい
●売上が2倍、3倍になるビジネスモデルの設計方法を知りたい

このような方はぜひメールマガジンを読んでください。
完全無料のプレゼントも用意しています。

ご登録は以下よりどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA