サイトマップを自動生成してくれる「Google XML Sitemaps」の使い方

ウェブサイトにはサイト全体を一覧できる「サイトマップ」というページが必要です。
サイトマップがあれば訪問者はどんなページがあるのかすぐに分かり、また検索エンジンにとってもサイト全体の評価を素早く行うことができます。
そのため検索エンジン対策としては、サイトマップは必須の内容と言えます。

WordPressのプラグインには「Google XML Sitemaps」と呼ばれるものがあります。
このプラグインは、自分で作ったページのサイトマップを自動で生成してくれる便利なものになっています。
導入することで、よりWordPressの運営がラクになってくるで設定にチャレンジしてみましょう!

「Google XML Sitemaps」の役割

「Google XML Sitemaps」とは、記事を更新するたびに自動でサイトマップを生成するプラグインです。
サイトマップを自動で作ってもらうことで、検索エンジンに自分のサイト構造を認識させて情報集を効率よく行ってもらうことが可能です。

サイトマップは自分でひとつひとつリンクを貼ることで作ることもできますが、ページ数が多くなってくると非常に手間がかかります。

このプラグインを導入しておけば、記事ごとにサイトマップを自作する必要が無くなるので、手間を省くことができるのが最大のメリットです。
また、サイトマップの有無は検索エンジンでの検索率にも大きく影響してくるため、記事をヒットさせるには必須のプラグインとも言えます。

「Google XML Sitemaps」を設定してみよう!

「Google XML Sitemaps」は、WordPress内の「プラグイン」の項目に含まれています。インストールしていない方は、まずインストールをしておきます。

WordPress公式サイトからダウンロードするか、管理画面からインストールしてください

 

Google XML Sitemaps
https://ja.wordpress.org/plugins/google-sitemap-generator/

 

インストールができましたら、以下の4つについて設定を進めていきましょう!

・基本設定
・表示設定
・更新頻度の設定
・優先順位の設定

これらを設定するにはサイドバーの「設定」→「XML-slitemap」をクリックすることで行うことができます。

1

基本設定の方法

「Google XML Sitemaps」を導入したばかりのときは、まだ自分のサイトが検索エンジンにサイトマップが通知されていない状態です。ですので、まずはサイトマップを通知できるように設定しましょう。

WordPress内の「Google XML Sitemaps」を開き、「基本設定」をクリックします。すると、画像で表示した画面が出てきますので、赤枠で囲まれている「your sitemap」という部分をクリックします。

3

サイトマップが検索エンジンに通知されれば、「Google XML Sitemaps」にて常に「正しく通知されています」という文字が出てきます。
こちらは一度「your sitemap」をクリックすれば、次回からは記事を更新するたびに自動で行ってくれます。

もし、「your sitemap」という表示がなければ下にスクロールして「設定を更新」をクリックすれば通知されます。

表示設定の方法

4

次はサイトマップに載せる項目を設定していきます。

ブログとして運営している場合は、サイトマップに載せるべき項目は「ホームページ・投稿(個別記事)を含める・カテゴリーページを含める・最終更新時刻を含める」の4つで大丈夫です。

ホームページとして運営している場合は、「固定ページを含める」にもチェックを入れておきましょう。

これらをサイトマップとして表示することで、SEO的にも非常に高い効果を見込めることができます。

更新頻度の設定方法

5

こちら更新頻度の設定は、以下のように項目を変更していきます。

ホームページ→毎日
投稿(個別記事)→毎週
カテゴリー別→毎週
古いアーカイブ→毎年

このように設定することで、検索エンジンによって効率よく情報収集をしてもらうことができます。

優先順位の設定方法

6

優先順位の設定では、サイト内で表示したいURLの優先順位を設定することができます。数値は1.0から0.1までで設定することになり、1.0が最も重要であることを指します。

優先順位としておすすめなのはホームページを「0.8」、投稿(個別記事)を「0.8」、投稿優先度の最小値を「0.8」、カテゴリー別を「0.8」に設定しておきます。その他の数値は、すべて0.0に設定しておくので大丈夫です。

ここまでの設定を終えれば、ほかの内容いじる必要はまずありません。一番下にある「設定の更新」をクリックして終了しましょう。

まとめ

今回は「Google XML Sitemaps」の設定方法についてご紹介しました。こちらの設定を行っておくことで、サイトマップを自動生成してくれる上、SEO対策での効果も期待することができます。

そこまで難しくない設定方法になりますので、ぜひ試してみてくださいね。

 

あなたのWEB集客力をアップさせるメールマガジン

独立起業したばかり、副業(起業準備中)のコーチ、コンサルタント、士業、セラピストといった方がWEBで集客できるようになるメールマガジンを無料配信しています。

●ホームページやブログ、ソーシャルメディアで集客できるようになりたい
●顧客に頭を下げなくても売上が上がる仕組みを作りたい
●客単価を上げて「高額商品」を販売したい
●売上が2倍、3倍になるビジネスモデルの設計方法を知りたい

このような方はぜひメールマガジンを読んでください。
完全無料のプレゼントも用意しています。

ご登録は以下よりどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA