『読まれる』ための文章に共通する3つの特徴

人に「読まれる」文章と「まったく読んでもらえない」文章があります。
この2つの違いは何だと思いますか?

頑張って書いたブログの記事や商品の説明文も、読んでもらえなければ何の反応も得ることはできません。

人に「読まれる」文章のスキルを「コピーライティング」と呼びますが、今回はコピーライティングの中から読まれる文章に共通する3つの特徴をご紹介します。

続きを読んでもらえるかどうかは最初の1行にかかっている

その前に重要なポイントについて触れておきましょう。

読まれる文章の構成

上の図は文章の構成を表したものです。
チラシや新聞広告のような紙媒体であろうと、ブログやSNSのようなデジタルの媒体であろうと、もっとも重要なのは『ヘッドライン』(最初の1行目)です。

現代は情報が溢れかえっているので、あなたの文章を「読むか、読まないか」は一瞬で判断されています。

「ちょっと気になるな」

「少しだけ読んでみよう」

このように判断されなければどんなに頑張って書いた文章でも、続きを読んでもらうことは難しくなります。
興味を引くヘッドラインをしっかりと考え、その上で次に紹介する3つの特徴をおさえた文章を書くことを心がけましょう。

① 従来の情報に新たな情報を加えている

私たちが文章を書く上で考えるべきなのは「読み手が何を求めていて、その上で付加価値を届けられるか」です。
相手が求めている情報を記事にするのは非常に重要なことです。
ですが、相手が求める情報で止まっていれば、それは同じ情報の焼き回しでしかありません。そこに「わかりやすい」や「こんな側面があるのか」という「新しい情報」を加えることが重要になってきます。

新しい情報に必要なのは多角的アプローチ

新しい情報を発信していくには、1つの情報について多角的なアプローチをしていくことが重要です。

たとえば、「ハンバーグ」という1つのキーワードがあったとしましょう。
そこから「お店」や「ランチ」だけでなく、「作り方」や「海外」、「種類」、「ダイエット」など切り口はさまざまあります。
その中から、今発信すべき「新しい情報」が加えられている情報は、非常に読まれる文章と言えます。

キャプチャ

こちらの画像は「マインドマップ」などと呼ばれるものです。

1つのキーワードから思いつく限りの情報を洗い出すときに使われる技法の1つで、とにかくさまざまな案を出したいときに使われます。
記事を書く前には、こうした「洗い出し」が非常に重要となってきます。

マインドマップは手書きするのがおすすめですが、PCでの作業が慣れている人や他人と共有したい場合は以下のようなツールを使用してください。
無料版と有料版がありますが、無料版でも十分な機能を備えています。

XMind -世界が最も注目するマインドマッピングツール-
https://jp.xmind.net/

② 結論から入っている

読まれる文章は、必ずと言っていいほど結論から入っています。

人はダラダラと長い話を聞くことを好みません。「私が知りたいこと」がまず目に入っていないと、その人の頭に文章は流れないと思いましょう。

話を長いと感じる人のことを想像してみてください。

その人は結論がないまま、自分に起こった出来事や感想を延々と話していないでしょうか? 最後まで聞いても「結局何が言いたかったの」となってしまうのは、結論がないからです。

先に『ヘッドライン』について触れましたが、ヘッドラインで「何が言いたい文章なのか」を書いておくと結論が伝わるため、話が入ってきやすくなります。

英語の文法から考える「結論ありき」の重要性

下記の画像は、英語の基本的な文法の作りです。

英語の文章構成

英語は「主語+述語(動詞)」から入るため、「自分が何をしたいのか」がわかりやすい文章になっています。

しかし、日本語の話の作りは英語と違って「O(目的語)」が先にくる作りになっています。そのため、非常にわかりづらい構造になっているのです。

この点を踏まえると、私たちはものを書くときに細心の注意を払わないと、訳のわからない話をしていることがあります。十分に注意しながら話を組み立てましょう。

③ 1つのテーマに沿って簡潔に書かれている

読まれやすいは1つのテーマに沿って話が進んでいきます。

2の項目で紹介した「ハンバーグ」で言えば、読まれる文章は必ず「ハンバーグ」に始まって「ハンバーグ」で終わります。それ以外の食べ物の話は出てきません。

ネットの記事などでは、やたらとさまざまな情報を含んでいる記事なども存在します。
始めに「コスメ」の話をしていたのに、最終的には「サロンの魅力」の話になっていたりすると「どうしてここまで読ませたんだ」となってしまいますよね。
そのため、1記事に1つのテーマだけで書くことは非常に重要です。

ですが、1つのテーマだけで新たな情報を加えるのも難しいかと思います。そこで、別の角度から見た情報を「組み合わせる」という発想も重要です。
別の情報を組み合わせることで、新たな情報を提供できれば書き手としての役割を遂行できたことを意味します。

ダラダラと長い文章を書かず、1つのテーマに沿った文章になることを意識しましょう。

まとめ

読まれやすい文章は、簡単には生まれません。慣れるまでは、マインドマップの作成や情報収集、そしてテーマの絞り込みだけで半日過ぎてしまうこともあるでしょう。

ですが、これらのことを1つずつしっかりと行っていけば、これらはすべてあなたの「経験値」となります。次第に知識と共に作業にも慣れて、1時間に1記事仕上げることも可能となるでしょう。

  • 新たな情報を提供する。
  • 結論から入るように文章を作る。
  • テーマを絞る。

この3つのことをしっかり守りながら、文章作成を心がけてみましょう。

あなたのWEB集客力をアップさせるメールマガジン

独立起業したばかり、副業(起業準備中)のコーチ、コンサルタント、士業、セラピストといった方がWEBで集客できるようになるメールマガジンを無料配信しています。

●ホームページやブログ、ソーシャルメディアで集客できるようになりたい
●顧客に頭を下げなくても売上が上がる仕組みを作りたい
●客単価を上げて「高額商品」を販売したい
●売上が2倍、3倍になるビジネスモデルの設計方法を知りたい

このような方はぜひメールマガジンを読んでください。
完全無料のプレゼントも用意しています。

ご登録は以下よりどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA