SEO対策初心者の人が知っておきたい「All in One SEO Pack」の使い方

「All in One SEO Pack」は、WordPressのSEOの最適化を行うのに有効なプラグインの1つです。設定すれば、記事ごとのタイトルやメタタグを設定すると共に、管理ができるようになります。
今回は、「All in One SEO Pack」についてご紹介します。

まずは「All in One SEO Pack」をインストール

キャプチャ1

WordPressの「プラグイン」の部分をクリックすると、その中に「All in One SEO Pack」があります。こちらの「今すぐインストール」の部分をクリックすると、WordPress内で簡単に使えるようになります。

また、公式サイトからダウンロードしてインストールを試みたい人は、以下のアドレスからダウンロードを行いましょう。
↓↓↓
https://wordpress.org/plugins/all-in-one-seo-pack/

キャプチャ2

インストールをした後は、プラグイン内にて「All in One SEO Pack」を有効化しておきます。これで、始めの準備は終わります。

「All in One SEO Pack」の管理画面から全体設定を行う

インストールが終わった後は、「All in One SEO Pack」の全体設定を行います。この設定を行うことで、タイトルやメタディスクリプションの方向性を決めることができます。

キャプチャ3

インストールされた「All in One SEO Pack」を開くと、「General Settings」という項目が追加されています。こちらをクリックして設定を行っていきます。

こちらの項目で設定しておきたいのは、以下の項目です。

  • トップページのタイトル・メタタグ設定
  • メタキーワードに関する設定
  • 検索結果に表示するタイトル設定
  • ディスプレイの設定

こちら4つの設定は、初心者の人でもやっておきたいところです。

トップページのタイトル・メタタグ設定

キャプチャ4

「General Settings」では、インターネットで検索したときに表示されるタイトルとメタディスクリプション(検索したときに表示されるページの簡単な説明文)を設定することができます。こちらはキーワードを設定することも可能で、ヒットさせたい単語を記入します。このキーワードが、検索する人がタブに打ち込む単語になってきます。

キャプチャ4_1

こちらはタイトルとディスクリプション、キーワードを試しに入れてみた状態です。ここで決めたタイトルやディスクリプションを見てページをクリックするかどうか決まってきます。また、設定したキーワードとタイトルや内容がかみ合っているかどうかも大事になってきます。

メタキーワードに関する設定

キャプチャ5

こちらではメタキーワードを設定することになります。この項目では、図にある通り一番上の「Use Keywords」にチェックを入れておきましょう。それ以外にチェックを入れてしまうと、自分でメタキーワードを設定することができなくなります。

検索結果に表示するタイトル設定

キャプチャ7

「Title Setting」では、Googleの検索結果ページに表示されるタイトルを設定します。この項目は「利用停止」のほうにチェックしておきましょう。現在、検索結果はGoogle側が決めることになっているので、こちらが勝手に書き換えようとすると検索結果に支障が出てきます。

ディスプレイの設定

キャプチャ9

「ディスプレイの設定」では、WordPress内のコンテンツでSEO設定できるようにするものです。図のようにチェックしておけば、各記事にSEOの設定ができます。

キャプチャ10

チェックを入れておくと、図のように記事一覧の項目でSEO設定を見ることや編集を行うことができます。こちらの項目では、必ず「投稿」と「固定ページ」にチェックを入れておきましょう。

残り2つのチェックボックスは、WordPressを使っていく中で自分の使用感覚で決めたので大丈夫です。

 

次は全体設定の「Google」に関連する設定方法についてご紹介します。

「Google Search Console」に登録してさらに使いやすい環境に!

「Google Search Console」とは、Googleにおける検索結果やパフォーマンスなどを管理・監視できるサービスのことです。無料で使うことが可能で、自分がWordPressで作ったサイトの分析を行う上で非常に重要なツールになってきます。

「All in One SEO Pack」では、この「Google Search Console」と連携することでサイトの分析を効率よく行ってくれます。ここまで設定をしたのですから、「Google Search Console」に登録をした後に「All in One SEO Pack」との連携も行いましょう。

「Google Search Console」の登録&準備

まだ「Google Search Console」に登録していない人は、こちらのサイトにアクセスしてください。また、Googleのアカウントを作っていない人は、この段階で作っておきます(Googleのアカウントがあれば「Google Search Console」のサービスも利用できます)。

キャプチャ1

ログインできましたら、上記のようなページが出てくるかと思います。出てきたら、「プロパティを追加」をクリックしましょう。

キャプチャ2

こちらの画面になりましたら、自分が作成しているWordPressのURLをコピペで大丈夫ですので入力します。

キャプチャ7

次の画面に移りましたら「別の方法」をクリックし、「HTMLタグ」を選びます。そこで表示される「content=”×××”」の「×××」部分をコピーしましょう。ここまで行えば「Google」内での作業は終了です。

WordPressで「ウェブマスターの認証」を行う

上記のGoogleでの設定と必要な部分をコピーした後は、「All in One SEO Pack」の「ウェブマスター認証」を行いましょう。

「All in One SEO Pack」内にある「ウェブマスターの認証」をクリックする

キャプチャ6

「All in One SEO Pack」の「General Setting」内にありますので、クリックすれば上記の画面が出てきます。

キャプチャ5

先ほどコピーした部分は、上の画像にある「Google Webmaster Tools」に貼りつけましょう。これでWordPressとGoogleの連携は完了です。確認したいときは、「Google Search Console」の個人ページを開いてみましょう。そちらで連携できているかどうか確認できます。

一緒に「Noindex」の登録もしておきましょう!

Googleの設定をしたついでに、「All in One SEO Pack」内にある「Noindex」の設定をしておきましょう。こちらは、Googleにとって不必要なページを避けるようにするための機能です。不要なページを避けることで、SEOにいい影響を与えることができます。

キャプチャ8

「Noindex」は、「All in One SEO Pack」の「General Setting」内にありますのでクリックします。クリックしますと上記のような画面が出てきますので、赤い矢印が付いている部分にチェックを入れておくだけで大丈夫です。慣れてきましたら、適宜自分に必要なものだけカスタマイズできるようにしていきましょう。

まとめ

WordPress以外のサイトのアカウント作成までなると、非常に面倒に感じる人もいるかと思います。ですが、どれだけいいコンテンツを作ったとしても「見てもらう」努力も絶対必要になってきます。

ここまで行えば、「All in One SEO Pack」でまずすべきことはクリアできたことになります。ほかにもやっておいたほうがいいこともありますが、それはまた別の機会にご紹介しましょう。

この記事が「All in One SEO Pack」を設定する上でお役に立てれば幸いです。

あなたのWEB集客力をアップさせるメールマガジン

独立起業したばかり、副業(起業準備中)のコーチ、コンサルタント、士業、セラピストといった方がWEBで集客できるようになるメールマガジンを無料配信しています。

●ホームページやブログ、ソーシャルメディアで集客できるようになりたい
●顧客に頭を下げなくても売上が上がる仕組みを作りたい
●客単価を上げて「高額商品」を販売したい
●売上が2倍、3倍になるビジネスモデルの設計方法を知りたい

このような方はぜひメールマガジンを読んでください。
完全無料のプレゼントも用意しています。

ご登録は以下よりどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA